監査で使えるコネタ製作所

ある東海地方の会計士試験合格者が見つけた監査に役立つコネタを書き綴ります…

小売業大打撃!新・収益認識基準で売上高が大きく減少するかもしれないある「条件」とは?

皆さんこんにちは。茶そばです。 収益認識といえば、我が国では企業会計原則にあるとおり「実現主義」が長らく採用されてきました。 非常にシンプルな考え方で、財の移転又は役務の提供と対価の受領の時点で収益を認識するというものです。 ところが、先般AS…

源泉所得税の計算は2通り!合わないからと言って慌てない

皆さんこんにちは、茶そばです。 今回のテーマは「源泉所得税」です。 会計士試験を受けられた皆さんならば、もうお手の物?ではないでしょうか。 最近の論文式試験では、租税法の中で源泉所得税が登場することも珍しくありません。 しかし、元々問題に所与…

人件費の再計算がつまらないと思っているJ1へ贈る!監査で人件費を細かく見る2つの理由!

皆さんこんにちは。茶そばです。 最近は時期的に内部統制監査を担当することが多く、会社の方とヒアリングをしたり、証跡を集めたりしています。 そんななかで私の嫌いな項目が一つあります。 それは「人件費」です。 嫌いだからこそ避けていたのですが、最…

現物の寄付を行った場合の会計上及び法人税法の取り扱い

1.質問事項 私の会社は近所の少年団へ、飲料水を寄付することを検討しております。このとき用いる勘定科目について教えてください。 なお仕入先は問屋であり、掛仕入をしているため飲料水そのものの領収書はありません。また当該取引は、寄付に該当し宣伝…